私達の周りの開業医

皆さんもご存知のように現在の日本は高齢社会を迎えています。現在世界の先進国のどこもが同じように社会の高齢化の問題に直面していますが、日本の高齢化のスピードは特に速いと言われています。現在の日本は人類の歴史を振り返ってみても過去に直面したことのない程の高齢社会を迎えていると言ってもいいくらいでしょう。
これほどの高齢社会の到来によって、私達の社会や制度には様々な歪みが生まれ、変化が出現しています。そして私達はそれらに対して上手く対応していかなければなりません。医療の世界も例外ではありません。社会の高齢化に伴って医療の分野も様々な問題を抱えるに至っています。医療の世界が抱える問題の一つが人材の問題です。医師という医療に関する専門の資格を持った人材の社会における配置は均衡が保たれているとは言えません。地域や業種によって医師が不足している、或いは逆に余っている、という問題が生じています。そういった現状の埋め合わせをするべく、現在では病院によっては絶えず医師求人を行ったりしているところもあります。またそうした医師求人の情報を見て、医師のほうから自ら医師求人に応じる形で転職し、新しい病院や診療所に移る、といったケースも少なくありません。もしかしたらこれをご覧の皆さんの中にも、現時点で医師求人の情報とにらめっこしたり、或いは転職のことを考えたりしている人もいるかもしれません。また医師といえば、病院勤めから独立して自分で開業したいと考えている医師もたくさんいます。実際最終的には自分で開業するという夢を持った医師はたくさんいます。いずれにせよ医師求人や転職といった情報に代表させるように、将来的には医療の分野における医師やそれに関連する人材の移動は、今よりも増えるのではないでしょうか。
先に紹介したように、自分で開業する、自分の病院を持つことを夢見る医師はたくさんいます。これとは別に自分の両親を含む家族が既に開業して病院を開いていて、将来それを継ぐことを求められている医師もいます。いずれにせよ自分で開業する医師は少なくありません。私達の身の回りにも個人で開業している病院はたくさんあって、私達にとっても身近な存在となっているはずです。病院によっては地域医療の中心的役割を担い、同時に地域住民の集う場所となっていて、いずれにせよ地域で大きな存在となっています。そんな医師の個人で開業した病院ですが、ここではそうした医師、所謂開業医の存在とその仕事ぶりについてお話しすることにします。

先に紹介したように自分で病院を開業することを夢見る医師は少なくありません。医師が自分で病院を開業すること、それは一体どういうことを意味するのでしょうか。医師といえば高収入といういった連想を私達はするでしょう。ですが当然ながらそれ相当の忙しい仕事に追われることになるでしょう。ここでは私達が知っているようで知らない開業医の姿を追ってみていくことにします。皆さんがこれをご覧になって、身近にいる開業医にもっと関心を寄せ、開業医について更に詳しく知るきっかけとなれば幸いです。

注目サイト

卓球の通販なら

最終更新日:2017/5/26

Copyright (C) 2008 ドクター★マニュアル. All Rights Reserved.